女性

脂肪吸引治療を受けて美ボディをGET【施術方法で費用が変わる】

使う機械によって違う

水着の人

部位によって選ぶこと

脂肪を効率よく短期間で減らす方法として、美容外科で脂肪吸引をしてもらう方法があります。脂肪吸引の機械もいろいろとあり、部位などによって使い分けられています。もちろん、使う機械によって費用も異なるため、事前に料金を調べたうえでカウンセリングを受ける必要があります。そして、主な機械としては、ベイザー脂肪吸引機やボディジェットやシリンダー吸引法があります。まずは、シリンダー吸引法は一番オーソドックスな方法であり、費用も他の方法に比べて低くなっています。例えば、顔の脂肪吸引の場合には20万円ほどで行えます。ちなみに、シリンダー法は手作業で行われるため、吸引量を細かく調整をしながら行えるというメリットがあります。それによって、理想的なラインを作ることができます。そして、顔だけでなく、二の腕などもこの方法で行えます。そのため、医師の技術によって費用も変わってくるという部分もあり、カウンセリングでは総額でどのくらいの費用が掛かるのかを聞いておく必要があります。最近増えている方法として、ボディジェットを使う吸引方法です。この方法の特徴がジェット水流を使って筋肉と脂肪を分けることができるため、効率よく吸引をすることができます。しかも、麻酔もジェット水流によって一緒に注入されるため痛みも少ないです。費用としては、太ももで10万円ほどが相場になっています。太ももは筋肉も多いため、ダメージを極力抑えて脂肪吸引ができるのはメリットが大きいです。ちなみに、多くの人が気になる部分がおしりですが、費用としては18万円前後で行えます。施術後は効果がすぐにわかり、満足する人が多いです。そして、カニューレを入れる穴も小さいため、皮膚へのダメージ小さいです。それに加えて、止血効果がある薬剤もジェット水流に含まれているため、最小限に出血を抑えられます。そのため、多くの美容外科で取り入れられています。そして、ベイザー脂肪吸引機はベイザー波を使い脂肪を溶かしていく吸引していく方法です。これによって、吸引率が90パーセントと非常に高くなっています。しかも、脂肪以外の血管や神経を傷づけることなく行えるため、脂肪を溶かすことができます。その理由として、ベイザー波によって脂肪が溶けていて吸引がしやすいという部分と、カニューレに刃がついていないという部分にあります。それによって、今までなかなか吸引ができなかった狭い部分の脂肪も吸引できるようになっています。費用としては二の腕で40万円前後、おしりで30万円前後になります。必要が他の方法と比べて高い印象がありますが、ボディデザインができ利用のラインを作ることができます。しかも、施術後の引き締め効果もあり、よりきれいなラインにすることができます。ちなみに、ただ脂肪を減らすのではなく、残すこともできるというメリットがあり、自然なラインになるため人気が高いです。それに加えて、吸引後もでこぼこにならないという特徴がります。もちろん、施術する医師の技術も必要なため、熟練の経験が必要となっています。そのため、費用を比較することも大切ですが、施術回数や行った人のレビューなども参考にすることが必要です。