女性

脂肪吸引治療を受けて美ボディをGET【施術方法で費用が変わる】

理想の為には迂回も大切

カウンセリング

信頼できる医師を見つける

美容整形大国と聞いて真っ先にイメージする国は、やはり韓国ですよね。しかし、今や日本も韓国に負けず劣らずの美容整形大国になって来ています。その理由は、美意識の向上と技術の進歩により、日帰りで行える手軽な施術が増えた事が関係していると考えられます。今、ボディメイクという言葉が象徴する体の形を整える為のトレーニングをすることや、理想のボディラインを比較的簡単に作れる脂肪吸引の人気が高まっているのです。脂肪吸引とは、吸引管と呼ばれる細長い特殊な器具で皮下脂肪を取り除く美容外科手術です。脂肪吸引の最大のメリットはリバウンドが起こり難い点で、これは脂肪細胞を直接取り除く事が理由とされています。さらに、くびれが欲しい部分に人工的にくびれを作る事が出来るので、自分の理想的な形に体を近づける事が可能です。一方、体内で余ったカロリーが脂肪となる際に、施術箇所に行くはずだった脂肪が通常とは違う場所へと流れて行ってしまう可能性があります。つまり、お腹の脂肪を取った場合、本来お腹に行く予定だったものが二の腕に溜まってしまい、二の腕が太くなる事があるのです。また、手術を受ける事で脂肪細胞が減ったとしても、メタボリック症候群への効果は期待出来ない事が分かっているので、メタボリックの人は別の解決法を探す事が求められます。脂肪吸引は自由診療なので健康保険が使えず、費用は全額自己負担になってしまいます。目安として20万円くらいの費用は用意して置かなければならないでしょう。この手術の最大のリスクとして懸念されるのが感染症と内臓損傷です。脂肪吸引という言葉は、比較的よく耳にする馴染みのある言葉なので、軽い気持ちで手術を受けてしまいがちです。しかし、手術である以上は当然リスクが発生するので、危険性を理解して置く必要があります。脂肪吸引は、開腹せずに体に開けた小さな穴から挿入した器具を、体内でぐりぐりと動かして行うので、リスクも執刀医の技術力に依存する部分が大きくなってしまいます。内臓損傷は最悪の場合、命に関わる事もあるので安易に決断しない事が大切です。出来るだけ能力の高い医師がいるクリニックを選び、これらのリスクを最小限に留められるように努力しましょう。気をつけるポイントとしては、メリットばかりを強調し危険性を説明しない医師がいるクリニックは避けた方が無難と言えます。自分一人で結論を急がずに、じっくりと身近な人にも相談をしながら広い視野で状況を判断しましょう。人によっては過剰に不安を煽られると怖いと考えるでしょうが、その治療にはどのようなリスクがあり、どんな危険性が発生するのかの説明をしっかりと行ってくれる医師がいる方が信頼感が持てるのです。また、どのくらいの費用が掛かるのかを事前に説明してくれるかも重要なチェックポイントです。後になって、次々に費用が追加されてしまっては困りますからね。手術が終わってから一定期間は、患部の圧迫をする必要があります。圧迫する事で術後の見た目が良くなったり、腫れや出血を抑えたりする効果が見込めます。クリニックによっては、患部に巻く専用のサポーターを販売している所もあるので、担当医の指導の下で適切に対応して下さい。